もっと自然栽培でできた野菜を応援したい!!

稀少な自然栽培の野菜は国内生産量のわずか0.1%以下しか作られていません

国内生産量は、わずか0.1%以下!!稀少な自然栽培の野菜

 

「自然栽培」という栽培方法で、作られた野菜やお米は

 

多くの方がイメージする、【無農薬野菜】や【有機肥料】を使って栽培される

 

オーガニック野菜とは異なる点があります。

 

 

究極の自然野菜を作る自然栽培では、

 

有機野菜(有機JAS法)では使用を認められている農薬も含めて、農薬を使用しない栽培法です。

 

また、化学肥料のみならず、有機肥料までも「使う必要が無い」という考え方です。

 

だから「肥料はいりません!!」というわけです。

 

 

それは、地中で自然のバランスを崩した肥料分や未完熟の堆肥などは、

 

かえって病害虫をよび、農薬を使わなければならない状況を自ら招くことにも繋がっているという考え方だからです。

 

無農薬野菜を追求した結果、肥料も使わない野菜になったという面白い事実です。

 

 

わかりやすくご説明すると、

 

植物の根元に豊富な肥料分があれば、作物はその肥料分に「依存」した生涯をおくる事になります。

 

一方、肥料を使わないということは、根の周辺に必要な栄養分が揃っているとは限りません。

 

そうすると必要な養分を求めて作物の根が、自らの意志で下に根を伸ばしていきます。

 

肥料分に依存出来ない状況にあるので、「自らの生きる意思」が要ります。

 

 

無農薬,無添加ドレッシング,自然栽培,オーガニック,有機野菜,

余談ですが、「冬虫夏草」という言葉をご存知ですか?

 

こちらも、植物自らが生きていく上で、

 

虫などの養分を吸い取り、

 

その養分で、自らを成長させるという、

 

自然界で、生きて行く意志を強く感じます。

 

 

肥料分がない状況下で、植物たちは地中の微生物や自然のあらゆるもの達と共生する生き方を選択し

 

自らが多様性の中の一部になることで、生き残る道を模索するのです。

 

このように自然栽培の作物は

 

有機野菜や無農薬野菜と比べると、

 

「生きる意思」「生命力」に満ち溢れた「野性的」「手つかずの自然」な環境にある作物といえるのかもしれません。

 

 

自然栽培の野菜を食べることは、こうした

 

「生命力の高い」ものをいただくということなのです。

 

 

実際、奇跡のリンゴで有名な木村秋則さんの畑では、

 

30年以上の間、一切肥料分を与えていないのにもかかわらず、毎年たわわにリンゴが実っています。

 

その木村秋則さんの自然栽培のリンゴをかじると、

 

その瞬間、首筋や背中が「ゾワっ」とするような感じがするのですが、

 

言うなれば、頭ではなくて体や細胞で「おいしい」が伝わり、

 

「命をいただく」ということが実感できる食材と言えるのかもしれません。

 

 

無農薬、無肥料、無除草剤で微生物の力を最大限に活かす栽培「自然栽培」

 

まだまだ生産する農家さんの数が需要に追いつかず、

 

自然栽培作物の生産量は日本全体のわずか0.1%以下と、

 

有機野菜のそれには及ばないというのが現実です。

 

 

無農薬野菜・有機野菜ファンの皆さんや、自然農法の野菜が大好きな方々に、

 

このとても稀少で、生命力に満ちた尊い自然栽培の野菜やお米を実感いただき、

 

自然栽培の野菜やお米を応援していただけたら嬉しく思います。