有機野菜と無農薬野菜の違い

 

           無農薬,無添加ドレッシング,自然栽培,オーガニック,有機野菜,無農薬,無添加ドレッシング,自然栽培,オーガニック,有機野菜,
                有機野菜と無農薬野菜の違い

 

有機野菜とは、農林水産省にて制定された「有機JAS規格」に適合した生産条件のもとでつくられ、
また登録認定機関にその適合性が認められた野菜のことを指します。

 

 

【有機JAS規格】を簡単にまとめると、

 

  • 単年作物(ほうれん草など)では二年以上、永年作物(たまねぎなど)では三年以上禁止農薬や化学肥料を使用せずに栽培している野菜であること。
  •  

  • 圃場(畑)や施設、用具などに農薬や化学肥料の飛散、混入がないこと。
  •  

  • 遺伝子組み換え野菜でないこと。
  •  

  • 害虫防除の際、農薬に頼らないこと。

 

となります。

 

 

 

無農薬野菜とは

 

無農薬野菜とは、栽培期間中に農薬を使わないで生産された野菜のことを指します。

 

ポイントは、【栽培期間中】に農薬を使わない、という点です。

 

もしも、栽培期間外に、つまり昨年の栽培で農薬を使った場合、農薬や化学肥料がその土壌に残っていたとしても、

 

今年度に農薬を使わなければ無農薬野菜として扱えます。

 

 

有機野菜と無農薬野菜を比べると?

有機野菜と無農薬野菜を比べると?

 

  • 有機野菜は、禁止された農薬、化学肥料の使用は一切ないと安心できるが、中には【有機JAS法】によって禁止されていない農薬も存在する
  •  

  • 無農薬野菜は、無農薬とうたっている点で栽培中の農薬の使用はないと判断できる。

     

  • しかし、無農薬野菜と謳ってはいるが、栽培期間以前農薬の使用に関しては定義されていないので、純粋な意味での自然的土壌から生産された野菜かどうかという点では断言できない

 

 

無農薬野菜と聞くと一切の化学物質を排除したオーガニックなイメージがありますが、実際に定義されている条件とは少し離れているようです。とはいえ安全性は他の野菜と比べても非常に高いでしょう。

 

有機野菜は農林水産省にて厳しい検査の末に認められたもので、生産過程も非常に手間がかかっており、作られた野菜も栄養価が高く健康的です。

 



 

 

次のページ≫オーガニック野菜は安心?安全?