心と体の健康の為に

オーガニック野菜は安全?

オーガニック野菜は本当に安全なのか?

 

オーガニック野菜をお使いいただいてる方で、こういう疑問を持っている方は多いようです。

 

オーガニック食品全般を「絶対に安全だ!」とアピールする人が多いから、
こういう質問がでてくると思います。

 

 

結論から言わせていただきますと、

 

オーガニック食品は一般の食品よりかは安全です

 

 

一般の食品に比べてオーガニック野菜は、安全性が高い

 

もしくは

 

一般の食品に比べてオーガニック野菜危害リスクが低い

 

と言うことです。

 

 

食品の安全は、3つの危害要因から成り立っています。

 

  • 異物などの物理的危害
  •  

  • 菌類などの生物的危害
  •  

  • 農薬や重金属等による化学的危害

 

が一定以下に抑えられているときに実現します。

 

 

このうち、物理的危害と生物的危害は、食品衛生法の下ですべての食品の安全性が担保されており、

 

オーガニックが特別すぐれているわけではありません。

 

しかし、化学的危害リスクは明確に異なります。

 

オーガニックは、田畑で使う資材をはじめ、加工食品の添加物についても、可能な限り化学的なものを排除しているので、

 

化学的危害リスク一般の食品に比べて極めて低くなっているのです。

 

 

そうは言いましても、オーガニックが完全に「化学物質不検出」を保証するものではありません。
※土には、元々、鉛やリンなどが微量ながら含まれているので

 

そもそも危害リスクのない食品などは存在しません。

 

あくまでオーガニックと一般食品の化学的危害リスクを比較した場合に「安全」ということです。

 



 

 

次のページ≫自然栽培とは?